ガラス交換を依頼して冬でも暖かく過ごせる環境を作ろう。

家の中が寒い原因は窓にある~ガラス交換で快適な生活~

冬になると暖房を使用する人が多いでしょう。暖房を使用しているにも関わらず家の中が寒いという人は、ガラス交換で改善されるかもしれませんよ。

日本の家は寒い?

冬場になると室内の気温が下がりますが、実は窓ガラスに問題がある可能性があります。どういうことか、詳しく見ていきましょう。

窓ガラスの断熱対策の遅れで、室内が寒くなります。(30代/ガラス交換業者)

温かい空気は寒い場所へ逃げて行こうとする習性があるため、家の中を温かくするには断熱対策が必要です。日本の住宅は壁の断熱対策はしっかりしていますが、窓に対する対策はほとんどされていないのが現状です。これでは部屋の中を温めようとしてもすぐに冷えてしまいますし、外の冷たい空気も入り放題で室内が寒くなってしまうのです。

寒さを防ぐ方法

冬の寒さ対策にはガラス交換が一番です。というのも、北海道や東北地方のように寒い地域では窓の断熱対策がしっかり行なわれているため、冬でも家の中が温かいです。重窓や二重サッシで家の中の温かい空気が窓から外に出て行かないようにしてあります。窓の断熱がしっかりしていれば、家の中が温かくなるだけでなく冷えにくくもなるため、電気代の節約にもつながります。

冬の寒さをしのぐ窓~室内の熱を逃がさない~

寒さをしのぐにはガラス交換が必要だということは分かりましたが、具体的にどんな窓に交換したらいいのでしょうか。

寒さを防ぐ窓

寒さを防ぐことができる窓は色々あります。ここでは、それぞれの窓の特徴についてご紹介します。

二重窓
今ある窓の室内側に、もう一つ内窓を設置することで断熱対策になります。窓と窓の間に空気の層ができることで、高い断熱効果を発揮します。また、断熱効果だけでなく防音効果も高いので、快適な生活を送ることができます。
断熱窓
今ある窓のサッシはそのままで、ガラスのみを断熱効果のあるものに交換することで寒さを防ぐことができます。主に、複層ガラスや遮熱複層ガラスというものが「断熱窓」と呼ばれています。ガラス交換では断熱効果が高いものほど費用も高くなります。

ガラス交換の相談

ガラス交換には専門の知識と技術が必要です。専門業者であればガラス交換の経験をたくさん積んでいるため、スピーディに対応してくれます。安全のためにも、ガラス交換をする時はプロに任せましょう。

寒さ対策を徹底する~熱の出入りを防ぎましょう~

ガラス交換を行なったからと言って、完全に寒さを防ぐことはできません。他にも寒さ対策を行なうことで、効果をより高めることができるのです。

窓枠の結露対策

ガラス交換をして寒さ対策をする場合、ただガラスを変えるだけでは不十分です。なぜかというと、窓枠の結露を防ぐことはできないからです。温かい空気は窓枠部分からも出入りするため、ガラスだけでなく窓枠にも対策が必要なのです。断熱テープを貼るなどして結露対策をするだけでも、暖房効果を高めることができますよ。

TOPボタン